あまりにも口臭がひどい場合には専門家に診てもらおう

あまりにもひどい口臭の場合は専門家にみてもらうのも検討する必要がありますね。

口臭といえば歯医者さんですが、歯医者さんはどちらかというと歯周病や虫歯の治療といった仕事がメインです。

もちろん口臭に詳しい歯医者さんもいますがそれよりも専門家とも言えるのが口臭外来です。

最近この口臭外来が増えており、需要も高まっています。

以前よりも今は招集ブームであり、口臭対策はコミュニケーションやエチケットの一つとして当たり前のことになってきました。

ですので前よりも口臭を気にするという人が増えているのです。

口臭のやっかいなところはほとんどが治りにくい、口臭を消す方法というのは歯磨きだけという事になってることです。

ほとんどの人は口臭を消すには?と考えると歯磨きしか思いつかないのではないでしょうか?

それ以外にあるとすればブレスケアなどの口臭予防ガムやリステリンなどのマウスウオッシュくらいでしょう、

確かにそれでも口臭はある程度改善するかもしれないのですが、それ以外にも専門家に自分自身の口臭の原因はなにか?

そしてそれらに対して何をすればいいのか?ということから考えていく方がいいと思います。

口臭はいろんな要素がありでてくるのでそれらに対して適切な対処を行うことも口臭対策の一つなのです。

口臭外来ではそのような口臭の原因などもしっかり調べてくれるので個人的にはおすすめです。

もちろん口臭外来の費用は非常に高く(保険が適用されない)一般の人には難しい場合もあるのですが、

その辺は自分の口臭の悩みや今後のことなど考えて必要であれば診療してみるのも一つの手でしょう。

 

口臭を予防する3つの方法

口臭を予防するには三つの方法があります。

まずは唾液を出させること、そして食生活などによる体質の改善。

そして歯磨き粉を変えることです。
いつも思うのですが口臭のなかには歯磨き粉が原因の場合になる場合があります。
歯磨き粉っていろんな成分が入っていてその中にはもちろん虫歯を防ぐものもあるかもしれません。
しかし歯磨き粉の成分の大半は研磨剤であり、それが体にいいかどうかわからない部分もあるんです。
中には胃炎や口の中に炎症を引き起こすものもあります。
昔歯磨き粉を飲み込んでしまったことがあるのですが、翌日胃炎がひどくなりました。
やはり歯磨き粉の成分というのは吐き出すものであって飲み込むものではないのです。
もちろん衛生的な観点からもそれは当然ですが、そもそも歯磨き粉メーカー側としては飲み込むことを想定していないののです。ですのでもちろん体に悪い場合もあるのです。
研磨剤、保存料など体に取り入れてはいけないものがある以上これが口臭予防に効果があるとは思えないのです。
もちろん歯磨き粉を歯磨き後に飲み込む人はほとんどいません。
しかし、歯磨きすると少なからず体内に取り入れてしまう場合がありませんか?
そう、少しづつですが歯磨き粉が体内に入ってしまうのです。
これは仕方ないのですが、そうならないようになるべく無添加の歯磨き粉を使用することをおすすめします。
そうでないとなかなか口臭の根本的な原因というのは解決できないのです。

そこで以下のサイトにある口臭対策ができる歯磨き粉も使用してみることも検討してはいかがでしょうか?

口臭予防ができる歯磨き粉は?消えない口臭はこれで解決

口臭とタバコ(喫煙)について

口の臭いって気になりますよね、他人がやってもあれだけ臭い、人によってはスゴイニオイがします。
以前も知り合いと近くでしゃべっていたのですが、口臭がひどい・・・。
その人の場合はタバコを吸ってることとがあります。
タバコって実はニコチンだけでなくて、スカトール、アンモニアなどの口臭の原因となる成分がたくさん含まれているんです。
またタバコを吸うと唾液が出にくくなるのも口臭の原因です。タバコを吸うと唾液が少なくなり、唾液が出なくなります。
唾液が減ると口臭を発生する菌が増えやすくそれも口臭の原因の一つなのです。
これらのことから口臭を気にする人のはタバコを控える方がいいのです。

タバコって口臭が出やすくなるので私は吸わなかったのですが、知り合いなどはやはり、年齢を重ねると喫煙をしてる
人は口臭がきつくなると言っています。

口の中がネバネバしていかにも口臭が出やすいという状態になるのです。
私も口臭を気にしていましたが、口臭が出やすい場合というのはやはり口の中がネバネバしています。

口臭はサラサラとしたものが出る状態がベストなのです。
口臭を改善したいのであればこの口臭がサラサラした状態が良いのです。
唾液と口臭の関係は非常に深く、口臭を改善するには唾液の協力は必ず必要と言えます。
ほとんどの人はこのことを分かっておらず、歯磨きばかりに重点を置いてしまうので口臭が消えないのです
唾液には本来いろいろな口臭を抑える要素が含まれており、それらを意識することが重要なのです。

また最近はこれらの唾液をしっかり出すようできる口臭サプリも販売されてるようです。

唾液による口臭を意識するのであれば一度これらの口臭サプリメントも試してみるといいでしょう。

 

コーヒーを飲むと口臭がきつくなる?

普段から、コーヒーを飲む方々などはちょっと口臭には気をつけた方が良いかもしれません。
コーヒー自体には良い香りがあると思います。しかしそれを体内に摂取しますと、ちょっと口の臭いに関して懸念される点があるそうです。

その1つは水分なのです。カフェインが含まれている飲料というのは、一般的には水分を奪う効果があるそうです。それは、臭いの原因になってしまう可能性が大いにあります。
なぜなら口の中での匂いが発生する原因の1つは、水分不足なのです。

口の中の乾燥度が高まってしまう事によって臭いが発生してしまう訳ですから、カフェインを摂取することは臭いの原因になり得るわけです。このためコーヒーの摂取頻度が高い方々の場合は、口臭が発生する可能性も高まってくるでしょう。

しかし全てのカフェイン飲料に悪い効果がある訳でもありません。

例えば緑茶の中にはカフェインが含まれていますが、それと同時にカテキンと呼ばれる物質も含まれています。カテキンは、逆に口臭の除去効果があるそうです。
それと紅茶も案外と口臭には良い効果が見込めるそうなのです。紅茶には確かにカフェインが含まれているのですが、ストレートティーあたりは臭いを除去できる効果が見込めるそうです。

ですのでカフェイン飲料の全てが口臭の原因になってくる訳でもないのですが、コーヒーあたりはちょっと要注意かなというところです。

またタバコも口臭の原因ですね、タバコのタール臭そのものが臭いというのもあるのですが、タバコによって唾液が減り、口臭の原因である歯周病が増えてしまうからです。

歯医者さんで口臭対策

歯科医院は、口臭と関係があります。歯科医院はもちろん、虫歯の治療を行ってくれます。
しかしそれだけではありません。あの病院では、口臭も担当分野の1つなのです。

そもそも虫歯そのものが、口臭の根本原因になっている事があります。そして冒頭でも申した通り、その病院では虫歯治療を行ってくれます。
ですので虫歯を治してくれる歯科医院に対する通院は、口臭の解消にもつながってくるでしょう。あまりにも口臭が気になるような場合は、ちょっと歯科医院に行ってみるのも良いと思います。

ただ歯医者と言うと、ちょっと痛いというイメージをお持ちかもしれません。しかし、最近では無痛治療を大きくアピールしている医院なども非常に多いものです。主にホームページによって、それを確認できます。そのため通院前に、必ずホームページを確認しておきましょう。

それと歯科医院によっては、舌の上に対するコケに関する治療を行ってくれる事もあるそうです。舌の上にある白いものが臭いの原因になっている事がありますが、歯医者では臭予防のためにその除去なども行ってくれます。
このように歯科医院では口臭に関する色々な治療を行ってくれますので、悩みが深刻な場合はちょっと行ってみると良いと思います。

口臭対策はいろいろ方法があるのですが、まずは専門家に見てもらうのが一番ですね。